物件一覧

多くの方にとって一生に一度の大きな買い物となる住宅。

世界的に感染が拡大する新型コロナウイルスにより、経済や日常生活にさまざまな影響が出ている今、住宅購入を不安に思われている方も多いのではないでしょうか。

ローンを払い続けていくことはできるだろうか・・・

緊急事態宣言は解除されましたが、収束の目途は立たない状況で、不安になるのも当然だと思います。

では、今できることは何も無いのでしょうか?

長年不動産業を営んでいる弊社が、不動産の今後と買い時について、考えてみました。

 物件一覧

 

今後、土地の価値は下がるのか?

過去の経済危機から見てもわかるように、

2008年9月(H20年)のリーマンショック後は、わずかに土地価格が下がりましたが一時的なもので、その後は上昇に向かっています。

さらに、2011年3月(H23年)東日本大震災後も、ほぼ変動はありませんでした。

 新型コロナウイルスの収束後は、需要が増えると言われています。

主な都市における住宅地の「平均」価格の推移グラフ引用:国土交通省「主な都市における住宅地の「平均」価格の推移」

 

 

住宅ローン金利はどうなる?

東日本大震災の後でも金利は下がることはなく、今が底だと言われています。

また、住宅ローンには、賃貸の家賃とは違い、病気やけがで働けなくなってしまった際に保障してくれるさまざまな商品があります。わずかな金利の上乗せによって得られる安心は、心強い味方となるでしょう。

 

 

働き方の変化と資産価値

新型コロナウイルスの自粛だけではなく、オリンピックに向けてもテレワークが推奨されてきました。

テレワークも定着し始め、以前のように高い家賃を払い、通勤の便利な場所に住む必要性が無くなり、自粛の中でライフスタイルについても見直す方々が増えてきました。

都心のマンションの需要が無くなり、自宅のオフィス化や趣味や家族と過ごす時間のために、マイホームを購入する人が増えています。

事実、弊社への土地や注文住宅の問い合わせは減っておらず、人気の土地は売れていき、今後はさらに土地の需要が増え、価格の上昇も考えられます。


  

実際のローンの目安を見てみましょう

 土地、住宅のご相談は
東樹住販にお任せください!




電話・メール・オンラインによる相談

取り扱い物件の一部をご紹介

VISIO緑ヶ丘Ⅲ
 

 

お問合わせフォーム

ページトップへ